フライハイト タップ コントリビューション プロジェクト TEL. 042-307-8733

- Since 2011 -

FREIHEIT TAP CONTRIBUTION PROJECT

被災地支援|高齢者福祉|障害者福祉|芸術文化教育

つなげる、つながる。

東日本大震災をきっかけに2011年より始動。
Freiheitのタップダンスを通して人と人をつなぎ、社会に貢献(Contribution)する活動をしています。

発起人 Lily -Tap Artist-

お知らせ

NHK ごごナマ 出演

 ごごナマ「踊って!歌って!椅子タップダンス」
[NHK総合1・東京]
2020年12月22日 午後2:05 ~ 午後2:55(50分)
★Lily出演 2:20 ~ 2:40頃予定

▽椅子タップダンスで、心と体をリフレッシュ!世界で活躍するダンサーが楽しく指導。(番組ウェブサイトより)
出演者ほか
【MC】船越英一郎、美保純、小松宏司、【ゲスト】本仮屋ユイカ、三遊亭円楽、平野レミ、【タップアーティスト】Lily、【出演】コカドケンタロウ

番組公式サイト

参加する

オンラインインクルーシブタップダンス体験会
【個人向け・草の根育成財団助成事業】

▼ ひとりで参加
「おうちからオンライン椅子タップ体験会」

障がいがある人もない人もご自宅から参加してオンラインでみんなと楽しみましょう!

詳しく見る

オンラインインクルーシブタップダンス体験会
【施設団体向け・草の根育成財団助成事業】

▼ みんなと一緒に
「施設からオンラインタップダンス体験会」

全国の特別支援学校、支援学級、障害児者通所・入所支援施設
福祉型障害児入所施設、医療型障害児入所施設、スペシャルオリンピックス等

詳しく見る

Projects

PROJECT 01:被災地復興支援(宮城県気仙沼市)

2011年3月11日の震災発生後、被災物の撤去活動をきっかけに宮城県気仙沼市で活動開始。

アート・エンターテイメントをきっかけに、人が集まり、繋がる。
「生活不活発病予防」のため、椅子タップダンス体験会を仮設住宅・地域公共施設にて開催。
ニーズの変化に対応しながら事業継続し、心身の健康増進・世代間交流を通しての地域コミュニティ再形成事業として評価される。

東京では被災地での活動を伝えるべく、チャリティーライブ・椅子タップダンス体験会を開催。

2011年 気仙沼市にて災害ボランティア活動
2012年 椅子タップダンス体験会開始
2016年 気仙沼ケーブルネットワーク K-net 出演・三陸新報 記事掲載
2017年 宮城県福祉大会にて 「コミュニティ復興支援」部門感謝状授与
2020年 NHK あさイチ 出演
2020年 内閣府発行 海外向け広報誌『Highlighting Japan』掲載

PROJECT 02:高齢者福祉

椅子に座ったまま誰でも安全に参加できる「椅子タップダンス」は、転倒予防や動脈硬化の予防、認知機能改善、ADLの向上にも効果的と医師からも定評をいただいております。

椅子タップダンス体験会&パフォーマンスをお届けし、心身の健康増進・文化芸術に触れることで日常生活への活力を見出していただきます。

インターネットを活用した、オンライン体験会も開催可能です。(施設と講師をビデオ通話アプリで接続)
※タップシューズは不要です。室内履き・車椅子での参加可

​[開催実績(一部抜粋)]
老人介護保険施設・特別養護老人ホーム・介護付有料老人ホーム・デイサービス・ショートステイ・病院
公民館・地域交流センター・福祉センターほか

・医療社団法人慶成会 青梅慶友病院
・医療社団法人 永世会 カトレア / サルビア / ロベリア
・株式会社 JAPANライフデザイン グッドタイムホーム多摩川 / 調布 / 不動前
・株式会社オールライフメイト グレースメイト中村橋

・八王子市社会福祉法人主催 昼食交流会
・国分寺市社会福祉協議会 福祉センター
・藤沢市社会福祉協議会 湘南なぎさ荘
​・東村山市社会福祉協議会主催 福祉のつどい

PROJECT 03-Ⅰ:芸術文化教育

Ⅰ)芸術文化鑑賞会

幼稚園・保育園・小中学校での芸術文化鑑賞会や全校授業(音楽・体育・総合学習等)として開催が可能です。

■ 異文化理解 タップダンスはアメリカで生まれたダンス。世界の音楽や文化に触れることができます。

■ リズム感の向上 音楽に乗って体を動かすこと、体全体でリズムを奏でることができるため、リズム感が身につきます。

■ コミュニケーション力 タップダンスは言葉。リズムのキャッチボールや音を重ねる、合わせることで、他者とのコミュニケーション能力が向上します。

​指導担当講師 Lily(文化庁芸術家派遣登録講師)
​※ICTを活用した取り組みとして、校内放送やインターネットを使ってのワークショップ開催も可能です。

PROJECT 03-Ⅱ:芸術文化教育

Ⅱ)キャリア教育授業・講演会

小中学生・高校生を対象にした、キャリア教育授業講演にゲストスピーカーとして登壇します。
■ 小学校向け「ぼくのゆめ、私のゆめ」「夢の探し方、叶え方」

■ 高等学校向け「タップダンスで社会貢献(福祉講演)」「好きなことを仕事にする」

PROJECT 02:高齢者福祉

椅子に座ったまま誰でも安全に参加できる「椅子タップダンス」は、転倒予防や動脈硬化の予防、認知機能改善、ADLの向上にも効果的と医師からも定評をいただいております。

椅子タップダンス体験会&パフォーマンスをお届けし、心身の健康増進・文化芸術に触れることで日常生活への活力を見出していただきます。

インターネットを活用した、オンライン体験会も開催可能です。(施設と講師をビデオ通話アプリで接続)
※タップシューズは不要です。室内履き・車椅子での参加可

​[開催実績(一部抜粋)]
老人介護保険施設・特別養護老人ホーム・介護付有料老人ホーム・デイサービス・ショートステイ・病院
公民館・地域交流センター・福祉センターほか

・医療社団法人慶成会 青梅慶友病院
・医療社団法人 永世会 カトレア / サルビア / ロベリア
・株式会社 JAPANライフデザイン グッドタイムホーム多摩川 / 調布 / 不動前
・株式会社オールライフメイト グレースメイト中村橋

・八王子市社会福祉法人主催 昼食交流会
・国分寺市社会福祉協議会 福祉センター
・藤沢市社会福祉協議会 湘南なぎさ荘
​・東村山市社会福祉協議会主催 福祉のつどい

Contact us

■必要な設備について
パフォーマンスには、自社開発したタップダンス専用板を持参いたします。
会場のフロアを傷つける心配もなく、他にご用意いただくものもございません。
会場の広さにより、タップ音を板の下または上からバウンダリーマイク・ダイナミックマイクにて集音いたします。
イベントの際には、PAシステム等音響機材設備の有無についてお知らせください。
音響PA機材一式持ち込み可能です。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送 信